PAGE TOP

コレステロールを下げる 病院薬スタチンとは・・・

投稿日時: 2016年5月22日

コレステロールが肝臓で勝手につくられることは前に述べました。

コレステロールの高い患者は病院で、スタチンという肝臓でコレステロール合成を阻害する薬物を投与されます。

この薬は、合成そのものをかなりブロックしますので、数値は急激に下がります。

もちろん心臓の冠動脈の事を考えれば、良いのですが、その先があります。

コレステロールをもとにしてつくられる、ホルモンなどに影響が出る場合

筋肉が溶け、肩などの痛みを伴う 横紋筋融解

また、コレステロール合成のもっと先にできるもので、コエンザイムQ10などが不足します。

このコエンザイムQ10は心臓の筋肉に多く含まれ、心臓が休まずにずっと動き続けられるパワーの源になる物質なのですが

長期にスタチンを飲み続ける場合は、心臓そのものの元気のためにも、コエンザイムQ10の補給が望ましいと思います。

食品では、ブロッコリー、イワシなどに多いと言われます。