PAGE TOP

口呼吸と鼻呼吸~呼吸と酸素

投稿日時: 2016年6月26日

一生の間にする呼吸数は6億回とも7億回とも言われ、何気ない一回一回の呼吸が、回数が多いので人間の健康状態に大きな影響を及ぼします。とくに、最近問題となっている口呼吸は体に大きなダメージを与えます。
もともと人間は鼻で呼吸するようにできており、鼻で呼吸することにより、乾いた汚れた空気を、鼻毛でフィルタリングし鼻水で湿気を与え、鼻粘膜の血管で温めきれいになった空気を肺まで送り届ける大事な器官なのです。
最近では、水を飲め飲めという、社会的雰囲気もあり現代人は余った水分が鼻に滞りがちになっています。
(もちろん、熱中症・脳梗塞対策としては良いのですが)
鼻に水が溜まりうっ血を起こすと、自然と口呼吸になります。

朝起きた時に、口の中が乾いていませんか?

そうした場合は、おそらく寝ている間に口呼吸になっています。
口呼吸だと、とりいれることのできる酸素も少なくなってしまい全身の細胞は酸素を必要としているわけですから、寿命も短くなってしまいます。さらに人間は二足歩行の進化の過程で構造的に鼻が悪くなりやすくなっています。以上のことにより

①鼻が悪い人は一刻も早く治す

鼻炎カプセルなどの一時的な対処では鼻は良くなりません。鼻の粘膜を丈夫にし、鼻の血流を促進することにより正常な鼻の活動ができるようになってきます。

②深呼吸を一日の中で心がける

正しい呼吸は、「まず、吐く」ことから始まります。お腹がへこむくらい吐き出したら、今度は一気に吸い、口をすぼめてゆっくり吐き出すのがポイントです。(吐き出すときの神経状態が副交感神経優位にしてくれ、精神状態も落ち着きます。ヨガなどはこのことを応用しているわけです。)

6月は、特に酸素濃度が薄い時期です。
身体の不調の原因は呼吸かも?